女性の仕事には、女性らしい仕事もあるし、男性まさりの仕事もあります。一番いいのは、自分にあった適職を見つけだすことです。みんな自分の好きなことを仕事にできればいいのですが、大方の人ははじめから好きなことを仕事にしたのではなく、与えられた仕事を好きになるように努めた結果、あたかも好きなことを仕事にしている状態になっているケースがほとんどです。

好きなものの延長線上に「資格」があればその資格を取得しその職種に就いて、より充実した人生を送ることができます。資格を生かせる仕事は、比較的に安定しているものも多くあります。その代表的なものに、医師や教師や看護師などがあります。

資格には「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3種類があります。要するに資格認定を行う団体によって違ってくるわけです。「国家資格」とは、法律に基づいて国または国に準ずる機関がテストを実施し認定する資格。この国家資格には、医師、司法試験、などがあります。

「公的資格」とは、財団法人や社団法人がテストを行い、その担当省庁や大臣が認定する資格。この資格は国家資格のように取得することが絶対必要条件で、職業と直結する資格ではありませんが、取得すればある程度の信用度は増します。実例として、秘書技能検定や簿記などがあります。特に女性の仕事には、強い武器になる資格が揃っています。

「民間資格」は、民間の企業や団体が実施して、認定する資格。代表的なものにTOEICがあります。英語力の客観的評価において、社会的に高い評価を得ている数少ない実例です。資格それ自体の社会的評価もさることながら、資格取得に費やした努力も評価の対象になっている側面も忘れてはいけません。特に女性の仕事選びには、何らかの資格を取得しておいた方がなにかと有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です